空走・制動・停止距離

紛らわしい空走距離、制動距離、停止距離についておさらいをしておきます。

普通自動車免許について自動車免許問題集相互リンクお問い合わせ掲示板

 
 
 
   
 
 
 

空走・制動・停止距離

Last update 2007/05/21 09:07

 

 

非常に紛らわしい割によく出題されるのが、ブレーキに関する出題です。
ただし、理解してしまえば逆に得点ポイント。
効率よく覚えてしまいましょう。

順番としては、「空走」→「制動」です。
で、この二つの合計が「停止」ですね。
覚え方の裏技として、それぞれの名称の頭文字が50音順です。
「く」 → 「せ」 → 「て」
「くうそうきょり」「せいどうきょり」「ていしきょり」ですね。

空走距離

危ない!そう感じてブレーキペダルを踏み、実際にブレーキがきき始めるまでに走ってしまう距離です。
また、運転者が疲れていたりすると、動作が遅くなったり気がつくのが遅くなったりするので、この空走距離が長くなるわけです。

制動距離

ブレーキがきき始めてから、車が停止するまでの距離です。
タイヤが摩耗していたり、雨に濡れた道路を走っていたり、重い荷物を積んでいる場合は、この制動距離が長くなります。

停止距離

その名の通り、停止するまでの距離ですね。
空走距離と制動距離の合計です。

ブレーキング

ブレーキを踏むときは、はじめは軽く踏み、必要な強さまで徐々に踏み込みます。
いわゆるポンピングブレーキってやつですね。
仮免の技能試験や検定試験では、ポンピングブレーキをしないと減点になる可能性があるので注意。

二輪車の場合は、前後輪ブレーキを同時に使用します。
二輪車の場合は、前輪が自転車と同じようにハンドルに。
後輪は、足でブレーキをかけます。
足を乗せている部分にフットブレーキがあります。

2007/05/21 09:07 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

 
 
 
 

関連ページ

 

駐車と停車 停留所・安全地帯の横を通過 追い越しについて
緊急自動車 日常点検と定期点検 空走・制動・停止距離